35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

びんぼう神様さま
2010年03月08日 (月) | 編集 |
先日、ふと本屋で手にとって思わず購入した「強運をよぶ本屋さん」の成功法則実践ノート 清水克衛監修 池田光著(イーストプレス社」。

フジテレビ系「エチカの鏡」でも紹介された本屋さんの店長である清水克衛さんの自己啓発書(?)です。
「顔晴る(がんばる)」とか「ついてる」とか、どこかで聞いたことがあるフレーズが多いなと思っていたら、やはり斉藤一人さんと関係のある方でございました。

この本も非常にためになったのですが、その中で清水店長が勧めていた11冊の本の中にあった、ある絵本が非常に気になっておりまして、先日amazonにて購入してしまいました。

びんぼう神様さまびんぼう神様さま
(2000/08)
高草 洋子

商品詳細を見る


文庫本のような小さな絵本です。
我が家の6歳と4歳の息子たちには、ちょっと難しいようでしたが、素晴らしい絵本です。
だいの大人が、ティッシュ手放せなくなります

「松吉の家にびんぼう神が住みつき、家はみるみる貧しくなっていく。ところが松吉は悲しむどころか、なんと神棚をつくってびんぼう神を拝み始める。「なんで嫌われもんのわしを?」 不思議がるびんぼう神はやがて…。 」

清水氏曰く、「貧乏にするだけのびんぼう神が、なぜ神様なのかということが重要なんですよ」とのこと。

短いお話なのですが、2回3回と読むにつれ、そのたびに、それぞれの登場人物や物語の背景がありありと浮かび、物語の本当の意味がわかったりして、涙腺がとめどなくゆるみます(笑)

そして、何より、松吉の不幸になるたびに言うセリフ。「そりゃあええ!」がとても素晴らしいです。

子供たちには、少しずつ読み聞かせたいな。

ついてる、ありがとう、感謝します。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

スポンサーサイト
テーマ:オススメ本!!
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。