35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

捨てる!
2008年12月24日 (水) | 編集 |
今年もあと数日と迫る中、着々と雑事をこなしております(笑)

年賀状に、大掃除、そして何より捨てる作業。

本は、どんどんたまってしまうので、頃合いを見てブックオフに。長年の懸念だった、ドラムセットも容赦しません(笑)。といっても、楽器自体はいくらなんでも捨てられないので、スタンドやスタンドケースを処分。もうボロボロ、しかも捨てるにもお金がかかってしまうので、近所に最近できたハードオフに持って行ったら、ちゃんと引き取ってくれました(ちゃんと査定してくれた!!)
お金までいただき、感謝です(かなりボロボロだったので:笑)。スタンド君、今までありがとうね!!!

さて、今まで洋服&荷物置き場と化していたわたくしの「書斎(といっても机とカラーボックスひとつだけ)」まわりも、「捨てる」作業で大胆チェンジ!
背の高い洋服掛け用のスタンドを低いチェスト類に交換しただけで、あ~ら不思議。部屋がぐんと広く感じるようになりました。今まで半分覆われていた窓も、開放!!
荷物置き場だった部屋が、一気に明るくなりました

アー気持ちいい!

これで、勉強にも専念できるというものです(ほんとかっ!笑)

年末までまだまだ捨てるぞぉ~

ツイテル、ツイテル。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

スポンサーサイト
テーマ:生活に役立つ情報
ジャンル:ライフ
がん罹患者の住宅ローン考2
2008年12月22日 (月) | 編集 |
住宅ローンを借りる際に、民間機関では必ず必要となる団体信用生命保険への加入について、加入条件等を実際に、銀行に電話をして聞いてみました。

とりあえず、現在口座のあるネット銀行の住宅ローン担当に電話。ネットの「住宅ローン」の項目を読むと下記のような文面があります。

「<○○銀行>では、住宅ローンをご契約いただく場合には必ず団体信用生命保険にご加入いただきます。ご加入に際しては、<関連する生命保険会社名>に「団体信用生命保険申込書兼告知書」をご提出いただき、融資決定の前に<関連する生命保険会社名>の加入承諾を受けることが必要です。
なお、加入する保険金額(住宅ローンのお借入額)が5000万円を超える場合や、生命保険会社が必要と判断する場合には、医師の診断書等を別途ご提出いただく必要があります。
また、連帯債務型でご契約いただく場合は、団体信用生命保険に加入できるのは収入の多い方1名様だけとなります。」
※ <>内には、ちゃんとした会社名が入っています。一応、匿名にしました。

まずは、住宅ローン担当者。
がん罹患経験者が住宅ローンに必須の団信(団体信用生命保険)に入れるのかという問いに対して・・・。
非常に丁寧に回答いただいたのですが、結論から言うと団信の加入条件は、事前にはお話できないとのこと。あくまでも申込書兼告知書を提出していただき、それをもとに保険を請け負っている生命保険会社が判断するとのことでした。また、あくまでも生命保険会社が判断することなので、銀行側としてはわかりませんというのが趣旨。

また、生命保険会社さんに連絡されても、おそらくこういった案件については、おこたえされないだろうとも言っていました。ネット上で「仮審査」が可能なので、ぜひそちらでお試しくださいとのことでした。


その後、一応その銀行の関連生命保険会社へ同じく団信の加入条件について電話してみました。
折り返しの連絡をいただいたのですが、こちらも非常に丁寧に対応していただきました(デリケートな問題なだけに、やはり先方も対応が難しいのでしょう・・・)。
まずは、がん罹患といった重大な個人情報を告知したことに対する謝辞を述べられたうえで、下記のような前提条件を教えてくれました。

まず、告知書に記載するのは過去3年以内の病気であるということ。そして、すべての病気を断るというわけではなく、病気の種類、治療状況、そして経過年数等を複合して生命保険会社内にある専門の審査チームが判断するそうです。過去に三大成人病になられた方への保険をお断りする場合がある件については、あくまでも目安なので、個々の症例によって異なるとのことでした。

しかし、過去に癌の経験がある方の団信への加入に関しては「かなり困難」であろうと推測されるとも言っておられました。もちろん、非常に丁寧に恐縮されつつお話されていましたが・・・。

ちなみに、妻を被保険者とした団信の加入について聞いてみると、一般論として収入源があるのであれば、まったく問題はないとのことでした・・・。
まぁ確かに、言われてみればそのとおりですね・・・(笑)


ちなみに、住宅金融支援機構にも電話してみました。
団信への加入が必要ないといわれている「フラット35」であれば、がん罹患者でもいけるのかと・・・。
民間の金融機関は、団信への加入は「強制」ですが、機構はあくまでも「任意」だそうです。ということで、どうやら借りることはできそうです。

しか~し。
強制とか任意とかいう前に、現実問題として、もし仮に癌が再発、もしくは他の病気になり収入が途絶えるような状況になってしまった場合は、購入した家を売らなければならないような状況になってしまうということも事実。

なかなか、難しい問題ですね・・・。

とりあえず、まだ欲しい物件はないのですが、次回は、ネット銀行への仮申請を実際にやってみたいと思います。

がんばるぞ!

ついてる、ついてる。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

「力いっぱい」やってみる
2008年12月19日 (金) | 編集 |
先日のニュースでも話題になっておりましたが、永世竜王(竜王位5期保持)をかけた渡辺竜王と羽生名人の7番勝負は、3連敗のあとの4連勝で渡辺竜王が防衛しました。

羽生名人のファンとしては、非常にショックです・・・。
でも、終局後のインタビューに、初の永世7冠まであと一歩まで迫っていたのに「力いっぱいやったので、仕方ないです」と語れるその懐の深さには感嘆いたしました。
さぞや悔しかったでしょうに・・・。

昨日は、名古屋への出張中ということもあり、移動中に携帯で推移を見守っていましたが、最後の最後まで攻守がいれかわる、ほんとうに手に汗握る白熱した戦いでした。
結果は残念でしたが、素晴らしい将棋を見せてもらえて感謝です!
羽生名人、おつかれさまでした。


さて、そんな失意の中というわけではありませんが、最近私もスランプでございます。
癌になったからこそ、生きることのありがたさ、普通に生活することのありがたさがわかり、貴重な人生を悔いのないように精いっぱい生きるため、夢にむかってがんばるぞ・・・と始めたはいいのですが・・・。

身の回りでおこるいろいろなこと、知人の生き方、近しい人のちょっとした言葉などで、自分の信念が揺らぐことが多くなってます。

今、自分はどこにいるんだ?
なんのために、だれのために、こんなしんどい思いしてまでやらなきゃいけないんだ・・・って。そして、自分はどこに行こうとしているんだ・・・と。

(すみません。このブログは、前向きが身上!愚痴なんて言ってちゃしょうがないんですけどね。)

ただ、今回の羽生名人の潔さを見て、なんだかちょっと恥ずかしくなりました。
あれだけの人が、あれだけの大舞台で「力いっぱいやったので、仕方ないです」と述懐している。それにひきかえ、私は何はともあれ「力いっぱい」やっているのか・・・と。

あーだ、こーだと考える前に、まずは「力いっぱい」、そう「悔いのないように」やってみようと。
何のためとか、誰のためなんて考えずに、まずは精いっぱい自分の信じたことをやってみる。こっちの方に行ってみたけど、だめだった。じゃあ、あっちの方にしてみようとか。
いずれにしろ、「力いっぱい」やってみることが大事なんだと。

そうやってじたばたすることによって、何かしら進むべき道が見えてくるんじゃないかと、今はそんな風に感じています。


なんだか、今回は愚痴ブログになってしまいすみません。
(こうして、書いてみないと自分の中で消化できなかったもので・・・)

がんばるぞ!

ついてる、ついてる。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:囲碁・将棋・チェス
ジャンル:趣味・実用
年末To Doリスト
2008年12月15日 (月) | 編集 |
だんだん年の瀬も近づいてきており、あれこれとやらなければならないことが目白押しに控えております・・・。

我が家で、何はともあれ年末に行う第一優先事項は、捨てること!!!
以前、闘病ブログの方にも書いたのですが、捨てる事によって、新しいものが入ってくるという発想です。

ちなみに、捨てる際のポイントは「必要か必要でないか」だそうです。
迷ったら、下記5条。

1.「思い出や栄光」を捨てる
2.「レベルを下げるもの」を捨てる
3.「いつか使うもの」を捨てる
4.「もったいないもの」を捨てる
5.「なくなったらつらいもの」は残す

詳しくは、こちらを読んでみてください。
3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)
(2006/09)
舛田 光洋

商品詳細を見る


そして、もちろん掃除に部屋の整理。PCの中身も整理整頓。
一年間ほったらかしだった、棚やら引き出しの中やら、やることはたくさんあります
あ、あと年賀状も・・・

年末を、ゆっくり過ごすためにも来週までには、なんとか目処をつけねば。
(常日頃からちゃんと掃除しとけばこんなことには・・・

FP2級の勉強も、予定より大幅に遅れております
予定では、参考書を読み終え今週から過去問のはずが、まだ参考書を半分も読めず・・・。

あいかわらず、スケジュール管理の苦手なbobtakaですが、が、がんばりまっす

ツイテル、ツイテル。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:日記
ジャンル:日記
がんばれ羽生名人
2008年12月11日 (木) | 編集 |
先日のブログで、現在永世竜王をかけて挑戦している羽生名人の話をしましたが、本日渡辺竜王に負けて、なんと3連勝後3連敗となってしまいました。

最終局は、12月17日18日に持ち越されることに。

将棋ファンにとっては、手に汗握る攻防で、非常に面白いのですが、羽生さんのファンとしては、今日で決めて欲しかった・・・というのが正直なきもち。
次こそは、永世7冠決めてください!!

- - - - - 
こういう大きなタイトル戦の時は、お互いの持ち時間が8時間と二日がかりでの将棋となります。当然、一手を読むのに2時間近く考える時もあります。いつも思うのですがその集中力たるや恐ろしいです。まず、私のような下手の横好きタイプには、考えられません(笑)
考えている途中で、えーいもうわからないから、うっちゃえ!という風になるのは必至。

少しでも、あやかりたいものです。

- - - - -
今年も残すところ、あと3週間。
普段なら仕事も一段落のこの時期ですが、今年は世の不景気もあいまって、なかなかゆったりとはできません。また、年末に向けた諸々の家事もなかなか進まず。
そんななか、最近は便の調子もあまり芳しくなく、なんだか疲労気味の毎日。
家に帰って、机についても、どうしても集中力が続きません・・・(そして、このようにブログにはしる)。


いかーん。いかんのです
この悪い流れをたちきって、気合いを入れなおさなければ!!
夢に向かって、がんばるブログなんですから!ポジティブに行かなければ!!

ということで、羽生名人!お互いに(恐縮ですが)がんばりましょう~!!

と、ブログで自分に発破をかけるのでした。

ついてる、ついてる。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:囲碁・将棋・チェス
ジャンル:趣味・実用
ザ・ゴールー企業の究極の目的とは何か
2008年12月09日 (火) | 編集 |
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
(2001/05/18)
エリヤフ ゴールドラット

商品詳細を見る


先日、業務の改善をすべく大阪本社へ出張していた際に、無性に読みたくなって本棚を探すも見当たらず。たしか、出版されたばかりの頃に買ったはずなのに・・・。どうやら処分していたようですやむなく再購入。

ですが、やっぱり1600円でこのボリュームと内容は安いです。
日本での初版が2001年なので、今更なのですが、個人的におさらいするためにもちょっと解説を・・・。

実際に、アメリカの製造業界で大きな影響を与えた「TOC(制約条件の理論)」という全体最適化の改善手法を、小説という形で非常にわかりやすく解説しています。

ある機械メーカーの工場長アレックス・ロゴが工場閉鎖のピンチを脱するために、恩師ジョナの手を借りて、様々な問題を解決していきます。その他にも、仕事に集中するあまり家族を犠牲にして家庭崩壊の危機にさらされたり、ライバルの邪魔が入ったり、工場の仲間が団結して知恵をしぼるシーンなど、物語としても非常に楽しく読めます。

制約条件、いわゆるボトルネックとよばれるものがこの理論のキーワードになるのですが、その名の通り、ボトルの先端部分の細くなっているところ「瓶の首」の意。つまり、流れが「制約」される所。

製造過程の中にあるボトルネックに注目することで生産スケジュールを大幅に改善することができるというのがTOCのベースというわけです。

このボトルネックを非常にわかりやすく説明しているのが、アレックスが息子のハイキングに付き添う時のエピソード。
15人の子供たちが1列になって目的地に向かってハイキングをしているのですが、中に一人荷物をたくさん持ち、太って歩くのが遅い子供がいます。最初は列の中央にいるのですが、そうすると最前列はどんどん進み列の間隔はどんどん広がります。そして彼の後ろは、つっかえてしまい、どんどん遅れていきます。

たとえ話ですが、このハイキングの場合、彼が制約条件「ボトルネック」です。さあ、どうすれば、ハイキングの列が安定し、そして早く目的地にたどりつくことができるのでしょうか。
これが、すなわち工場での生産スケジュールのスピードアップのヒントになるのですが、ここで答えを言ってしまうと、読む楽しみが無くなってしまうので、後は本を読んでのお楽しみにということで・・・

後半では、TOCを、製造過程にとどめずマネージメントにまで応用させようとしているのですが、ちょっと難解で、説明が中途半端に終わっているような気がします。
続編もでているので、そちらに詳しく書いているのかな。時間があれば、続編も読んでみたいです。

企業の究極の目的とは?
その答えは、当たり前といえば当たり前のことなんですが、日々の業務の中、コストやらマニュアルやらマネージメントやらと「過程」にふりまわされている我々が見失いがちなことのように思えます。
この答えを、軸に考えれば、確かにそのとおりだよな!という実践がたくさん書いてある素晴らしい本でした。

ちなみに、弊社での業務改善には、あまり参考にはなりませんでしたが・・・。
(そのレベルまでいってない?(笑))

ツイテル、ツイテル。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
がん罹患者の住宅ローン考
2008年12月06日 (土) | 編集 |
先日の友人の住宅購入から、なんだか急に物件情報が気になりだしております。

小宮さんも書いていたし、そろそろねぇなんて考えていたんですが、重要な事を思い出しました。

民間機関から住宅ローンを借りる場合、だいたいが「団体信用生命保険」への加入が条件となります。
ということは、がん罹患者の私は生命保険に入る事ができない(?)ので、借りれない?

他のがん患者さんなどの話で、いわゆる5年生存率で使われる罹患後5年すれば入れる保険があると聞いた事があるんですが、こればっかりは実際に広告等にうたっているわけでもないので(笑)保険会社に聞いてみないとわかりませんね。中には、2年経てば良いという話もあるようです。
いずれにしろ、今度試しに聞いてみるつもりです。

生命保険ではないのですが、がん患者が入れるがん保険というのもありました。
アフラックの「優しいがん保険」です。
50歳から80歳という年齢の問題もありますし、その保障内容もお世辞にも良いとは言えないのですが、でもがん罹患者にとってはこれでもありがたいことなのかしら・・・。

ちなみに、独立行政法人住宅金融支援機構の「フラット35」は、団体信用生命保険への加入は、任意とのこと!

良い機会なので、「がん罹患者が住宅ローンを借りれるか」というテーマは今後少しずつ調べてみたいと思います!!

ツイテル、ツイテル。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

「お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな」小宮 一慶
2008年12月03日 (水) | 編集 |
お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)
(2008/08/08)
小宮 一慶

商品詳細を見る

以前、まとめ買いしていた「積ん読」本を、次の購入のために急いで読んでおります(笑)

さて、勝間さんの「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)」で、金融リテラシーを学ばねばと思いつつ、いろいろと本を読みあさっていたのですが、いまいち頭に入ってないんじゃないか。
「お金は~」のような平易で基礎的な、金融の本をもう一度さらってみたいなと思い購入。

小宮さんの本は、実は初めて読んだのですが、文章に「やさしさ」があって、非常に読後の印象が良いです。これは、個人的なものかもしれませんが、勝間さんの本もそんな印象を受けました。
最近、誰でも彼でも出版できるようになってきているので、中には「こうしろー、ああしろー」といったような叱咤型の本もあるなか、こういう親身になってくれるコンサルタント的な文章は、非常に「気分がよい」です。

さて、中身の方なのですが、前半は簡単な例題を出しつつ、おおまかな経済の流れから個人のポートフォリオの作り方など話題は多岐にわたっています。個人版バランスシートを作成して将来の自分に必要なお金を認識しようといった金持ち父さん貧乏父さんでもあったような意見もあり、再認識させられました。

ただ、後半になると、いっきに内容が難しくなり、サブプライム問題からスタグフレーション時における投資方法、はては投資信託の広告の読み方から株価の指標の「EBITA(金利・税・減価償却前利益)」の使い方まで、もうてんこもりすぎて、ちょっとついていけませんでした。しかも、てんこもりのためか、つっこんだ内容にまで掘り下げられていないのが残念でした。

でも、「ミニ・スタグフレーション」時の投資として、あえて住宅を購入することを提唱しているのは、とても新鮮でした。確かに、インフレが続き、家賃が上昇すれば、現在の低金利時に住宅ローンを使って家を買うのも一つの選択肢かなと。
そして、ロバート・キヨサキ氏同様、小宮さんも言っていますが、住宅は資産でもないし、投資対象でもないとのこと。

やはり、スタジオ付きの一戸建てを建てるぞと夢を公言している身としては、非常に魅力的な提案で、今後少しこの方面のことも勉強してみようかしらと思っちゃいました。

でも、余程のお金の余裕がないと、住宅ローン組んだうえで、資産形成なんてできないよなぁ~なんて、ツッコミも忘れずに入れたりして・・・。

小宮さんの本は、いろいろと出ているみたいなので、また読んでみたいですね。

ツイテル、ツイテル。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:書評
ジャンル:本・雑誌
e-mobileの請求
2008年12月01日 (月) | 編集 |
年末に向けて、公私ともにがんばらなければならないのに、どうもエンジンがかかりません
なんだか、胃腸の調子が思わしくなく、痛みはないんですが、なんとなく胃の周辺に違和感があります。妻も同じ症状のため、お腹にくる風邪かしらなんて言っておりますが、食事もおさえめにならざるをえません。

まあ、ダイエットになるからいっか

さて、先日購入したEee PCに付属しているE-mobileから請求が来ておりました。

8670円!!

なぬ~。基本料2900円から6880円までじゃなかったんかぁ~。
と、よくよくパンフレットみてみると、初回手数料で2700円かかるとのこと。

でも、それひいたって5970円。10月18日から31日の使用、しかもセットアップに使用した程度でそんなにするのか・・・。明細を見ようにも、基本はWEB上でとうことで、さっそくログイン。なんだか、使いにくいインターフェイスのため、さっそくフリーダイヤルに電話。すーぱー感じの悪いお兄さんに、さんざん待たされて、ようやく解決。

しかし、その明細がまたよくわからない。
パンフレットとは違う明細「基準額」とか「プラン適用額」など。しかも無料通信分の金額も当初のより少ない。そのうえ、「基」がつく金額のはずなのに、どこにもそれに対応する数字がパンフレットにのってない。

こりは、結局2900円~6880円という基本料に、別にパケット通信料がかかるのか?それじゃあ、パンフレットに書いてあるのは、うそじゃん。ということで、もう一度フリーダイヤル!

今度は、すぐに感じの良い女性の方の対応。

いろいろ伺って、ようやく納得
実際にかかるお金は、2900円から6880円の中に絶対におさまるとのこと。プラスパケット通信料ということではないそうです。端数の金額は、基準額も無料通信料も日割りになっているから・・・とのこと。

そして、なによりも、結果として総計が6880円内におさまるように、いろいろな項目(基準額やら適用額など)を用いて数字の調整をしているとのことでした。
言い方はわるいけれど、つじつまをあわせてる・・・ということらしいです。(もちろん、金額の基準はパケット通信した量に応じます。でもMAXで6880円。)

オペレーターのお姉さんは、わかりにくくてすみませんと恐縮しておられましたが、こちらも仕組みさえ教えてもらえれば納得
そもそも、こんなやり方間違ってる的なクレームは、時間と労力の無駄(というより無気力?)なので、経緯や考え方がわかり納得すれば、使い続ければいいし、嫌ならやめればいいんですもん。(それに、このオペレーターの方の対応がひじょーに感じが良かったです。電話しおわった後も気分が良かったです!)

でも、待てよ。
仕組みはわかっても、結局はそれくらいの金額がかかるということか・・・。
であれば、使い放題の「データプラン(月額4980円)」等の方がよかったのか・・・。

あー、やはり「ただより高いものはない」ですね。

Eee PC等をE-mobileつきで購入しようとしている皆様、ぜひご一考を・・・。

でも、これも勉強。ついてる、ついてる!!

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:イー・モバイル
ジャンル:携帯電話・PHS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。