FC2ブログ
35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
「この世でいちばん大事な「カネ」の話」西原理恵子
2009年01月14日 (水) | 編集 |
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原理恵子

商品詳細を見る


最近読んだ中で、一番ぐっときました

私、西原さんの漫画は「まあじゃんほうろうき」以来のファンなのですが、最近でも「毎日かあさん」などで子育ての悩みなどもふっとばしていただいております。

この本は漫画ではないのですが「よりみちパン!セ」シリーズという中学生以上の全ての人が読めるように平易に書かれているだけでなく、字も大きいです。
でも、この本はいい!!いいんです!

西原理恵子さんの高知での幼少時代から漫画家として活躍するまでの「はい上がり」人生を、「お金」と「働く」をキーワードに自ら語った、言わば「自叙伝」。

このお方は、漫画を見ても本当に「つきぬけている」と思っていましたが、そのルーツがよくわかります。もちろん漫画同様、面白いですけどね。

「働いて」「カネ」を稼ぐということの大切さを再確認させてもらいました。今のじぶんのありがたい境遇をもう一度きちんと見直さなければと、目が覚めました
自分の子どもがもう少し大きくなったら、絶対に読ませたいですね。

中でも、ぐっときた項目
「プライドでメシは食えません」
「天賦の才能よりも「サービス精神」」
「手で触れる「カネ」、触れない「カネ」」
特に、最後の言葉の項は、インターネットでのお金のやり取り等に関して、警鐘を鳴らしているんですが、最近の自分にあてはまるだけに、おもわずう~んってうなってしまった。

「給料が高い仕事っていうのは、ようするに、そういった「ガマン料」が高いということでもある。「ラクして儲かる」仕事なんて、まず、ないからね。」

この考え方も確かに~とうなる。

「働くことも、お金も、みんな、家族のしあわせのためにある。(中略)お金には、そうやって家族を、嵐から守ってあげる力もあるんだよ。いざというとき、大切な誰かを安心な場所にいさせてあげたい。
そう思うなら、働きなさい。働いて、お金を稼ぎなさい。そうして強くなりなさい。
それが、大人になるっていうことなんだと思う。」

「名盤」です。
この本が自分の本棚にあることが誇らしいです。
とにかく、おすすめです

ブログもやってるらしい・・・お、面白い。

ツイテル、ツイテル。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

スポンサーサイト



テーマ:オススメの本
ジャンル:本・雑誌