35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

「すべての経済はバブルに通じる」小幡績著
2009年04月27日 (月) | 編集 |
「キャンサーキャピタリズム、癌化した資本主義が世界を金融恐慌に陥れる!」
って。罹患者からしたら、たとえ比喩であるにしろ、ちょっとどうなのよという副題のこの本。

ですが、非常に面白かったです。現在の「金融恐慌」の原因である「サブプライムローン」の仕組みから、金融工学を駆使するファンドマネージャーたちと投資家のもうけの仕組みと弊害を、非常に丁寧に説明してくれています。

もともと、勝間さんのBook Loversで紹介されていた小幡さんとのインタビューを聞いて、その語り口のやさしさと明快さに非常に好感をもったのが購入のきっかけでした。

序章から、著者は資本主義の本質を「ねずみ講」と断言しています。

そこにあるのは、まさに儲けて売り抜けようとする何者かの存在。
本来そこにあるべきリスクを分散させることによって、あたかもリスクが初めからなかったように見せかける証券化。

ライバルに負けて投資家からの出資を引き揚げられるのを恐れ、どんどんと危険な証券を買っていくファンドマネージャーたち。みながバブルとわかっているのに、その「賭け」から降りられない、あたかもチキンレースのような状況。

そして、バブルは弾け、みな恐怖に青ざめ、金融恐慌へと進んでいく・・・。

この本が出版されたのは、2008年8月。
そのため、リーマンブラザーズの破たんから始まる世界大恐慌にまでは話題が及んでいないのですが、それでも読み応えがあります。

考えさせられたのは、なぜこれほどになるまでに暴走を止められなかったのかということ。
それほどに、人間の欲望は、制御できないのだろうか。

先日、NHKスペシャルの「マネー資本主義」という番組で、その発端となった証券化について元ソロモンブラザーズ会長が、「そんなつもりではなかったのだ」と語っているシーンがありました。

自分たちが作り上げた「レバレッジ」「証券化」「ファンドマネージャーたちの巨額な報酬」といった仕組みが、世界恐慌を起こすほどの重大な要因になるとは思っていなかったという彼の発言に、なんだかやりきれない思いがしました。


「経済は、人を幸せにするための道具」とは、小宮一慶さんの著書(どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書))で小宮さんが師と仰ぐ藤本幸邦さんがおっしゃった言葉なのですが、なんだかこの言葉が非常に心にしみる今日この頃でございます・・・。

ついてる、ついてる。


すべての経済はバブルに通じる (光文社新書 363)すべての経済はバブルに通じる (光文社新書 363)
(2008/08/12)
小幡績

商品詳細を見る

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
丸の内フラワーウィークス
2009年04月23日 (木) | 編集 |
090423_1424~01

東京駅前の丸ビル周辺で開催中のMarunouchi Flower Weeks 2009の視察に行って参りました。
例年に比べると、今年はちょっとこじんまりした感じが・・・。景気の影響でしょうか。

090423_1412~01

企業とのコラボブースもありまして、こちらは日本郵政。ガーベラのポスト

090423_1413~01

こちらは作品なんですが、これ全部、花びらでできているんですよ。すごい!

090423_1420~01

こちらは、私どもの取扱商品であるプリザーブドフラワーでの作品。

よく利用する青山フラワーマーケットも出展していたのですが、そちらのカタログに乗っていた母の日用アレンジにぐっときました。
ベースがかわいい
これ、要チェックです。というか、絶対買います

展示が数カ所に分かれているのですが、26日まで開催しておりますので、お近くにお寄りの際は、ぜひ。

その後、丸ビルのコンランショップで、こんなもの発見。
でっかいラジカセ風、ipodのスピーカーです。このセンス、たまりません・・・。

090423_1522~01
おもわず、こんなのも頂いちゃいました。

仕事中だというのに・・・
あ~でも幸せ

ついてる、ついてる。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:お仕事記録
ジャンル:就職・お仕事
わくわく
2009年04月19日 (日) | 編集 |
土曜日は、久しぶりに家族でお出かけ。
お目当ては、先日リハトラさせていただいたクレッセントジャズオーケストラの演奏があるという上野野外水上音楽堂へ。
社会人のビッグバンドのお祭りなのですが、なかなか素晴らしい企画です(詳細はこちら)。


子ども達を連れて行けるライブというのが、なかなかないので、こういうイベントは非常に嬉しいです。といっても、彼らにとっては、電車に乗れたことの方がよほど嬉しかったらしく、会場でも暴れ回っておりましたが・・・。

いやぁ~。
でも、なんなんでしょう、この高揚感、そして、わくわく

やっぱりかっこいいなぁ、ビッグバンド。

学生時代からの知人の顔も、あちこちに。なんだか、とっても懐かしく、楽しいひと時でございました。

触発されて、帰宅早々ビッグバンドばかり聞いております(笑)
楽器からも、だいぶ遠ざかっていたのですが、やっぱり少しずつでも練習しようと、心に誓うbobtakaなのでした

090418_1240~01
スーパーひたちに大興奮の、子ども達(・・・と隠れ○○の妻)。

P1020690.jpg
こちらは、The Crescent Jazz Orchestra。Great!

話は変わりますが、帰り道、本屋に寄ったら、こんなものが・・・。

棋士 羽生善治―「人類史上、最も深く考える人」の神髄棋士 羽生善治―「人類史上、最も深く考える人」の神髄
(2009/04)
弦巻 勝

商品詳細を見る

「完全保存版」・・・こういう言葉に弱いんです。
定価、2940円。た、高かったけど、買っちゃった・・・。
今月、既にピ~ンチ!

でも
ついてる、ついてる。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:♪音楽♪
ジャンル:趣味・実用
「世界の貧困を考える」西水美恵子氏講演会
2009年04月16日 (木) | 編集 |
先日、東京財団主催のフォーラムに参加してまいりました。

元世界銀行南アジア担当副総裁の西水美恵子さんによる「世界の貧困を考える」という講演です。

これまた、小飼弾さんのブログで知った著書を購入したのがきっかけなのですが、どうしても西水さんの生の声を聞いてみたいという思いに駆られ、ネットの検索でたまたま見つけたソフィアバンクのNewsで講演のことを知り、即申し込みました。

西水さんは、非常に理知的で、振る舞いやしぐさが、とってもチャーミング(なんていったら失礼ですが・・・)な方でした。
聞いているそばから、言い知れぬ怒りを覚えるような貧困の状況や、信じられないような南アジア各国での悪政の実態を、ゆっくり、そしてたんたんと言葉を選びつつ話されるのですが、ひとことひとことが非常に真に迫り、じわじわと心にしみこんでくるようでした。

南アジア各国を、いわゆる「草の根」運動で見て回った西水さんは、貧困は金銭や物の尺度で測れるものではないと言っておられました。なぜならOECD(経済協力開発機構)発表の貧困率が、その加盟国中上位に位置する日本も、実は「格差」に悩まされている「貧困国」なんです。

「生きがいを感じる希望と働きがいを感じる健康」。
この「人間として生きるための安全保障」がない状態こそが、貧困であると。

そして、その大きな原因は、他でもない「人造現象」である「悪質なガバナンス(政治)」。

その具体的な例を聞くたびに、怒りとともに、他国とは思えぬ状況に、うすら寒い思いがしました。

そして、そういった国民の絶望、怒りが過激宗教や政治思想の温床になっているのだそうです。特に、若い人たちの怒りは、捨て身の負の力となり、様々な犯罪組織やテロ集団といった形で、発散されていくのだそうです。

ただ、一方でこの「貧困」を解決しようと、若い人たちを中心に素晴らしいNGOが活動しているのも事実。
そういったNGOでは、「草の根」でリーダーになりうる人材を探し、「自助自立の精神」を育てています。そして、お金ではなく、情報や知的援助を重点に行うという、リーダーシップ養成の長期戦で、自らが他人のために、地域のために尽くすという考えを普及させていくのだそうです。

西水さんは、現地の貧困生活を実際にホームステイで経験するうちに「腹に火がつき、脊髄に火がついた」とおっしゃっていました。それほど、強烈な体験が、各国の首相や国王といった人々と「喧嘩」をしながら貧困と闘ってきた西水さんの原動力なのでしょう。

最後に、質問コーナーの答えで、こういった状況に対して我々は何をすればいいでしょうか?といった質問はしないでとおっしゃっていました。
何ができるだろう、どうすればいいのだろうと真剣に考える、その自身の気持ちをどうとらえるかが大切なのだと説明されていました。


正直、どうしていいか検討もつきません。でも、<他人のために>必死になって考えるという、非常に大切な機会をいただいたような気がします。

今回の講演の内容は、ほぼこちらの著書に書かれている内容で知ることができます。素晴らしい本です。ぜひ、お勧めです。

国をつくるという仕事国をつくるという仕事
(2009/04/07)
西水 美恵子

商品詳細を見る


ついてる、ついてる。

※追伸
またまた、Mixiの日記にリンクしてしまいました。マイミクの方々も、今後ともよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

「生物と無生物のあいだ」福岡伸一著
2009年04月14日 (火) | 編集 |
先日、外出の際、偶然にも持ち合わせの本がなくなってしまい、急きょ駅前の売店で購入。以前から気にはなっていたのですが、2008年の新書大賞にも選ばれたとの帯で即決。

「生命とは何か」。
「自己複製を行うシステムである」という解答から、その理由となるDNA構造の発見の歴史を、多くの偉人たちのエピソードを交えて語っている。研究者たちの切磋琢磨さや功名心ゆえの抜け駆けなど、普段我々が見聞きしないようなストーリーが、ある種サスペンスのような見事なまでの文章力でつづられている。

もう一つの解答である「動的平衡」と、それにまつわる自身の研究、そして結論としての「生命」の「やわらかな適応力となめらかな復元力」に、あらためて「生命」への畏敬の念を覚えずにはいられませんでした。


非常に興味はあるんだけど、とかく難しくなりがちなこういうテーマを、どういう風に一般の人に知らしめるかというのは、研究者の方たちの大きな課題の一つだと思います。

それを、あたかもミステリーでも読むような緊張感とおよそ科学者とは思えないほどの小説的な文章で、ぐいぐい読ませてしまう著者の力量に、あらためて感服いたしました。
(エピローグの抒情的なくだりは、必読です)

確かに、大賞に選ばれてしかるべきです。

それにしても、面白い!!
これだけ難しい内容をほとんど図も使わずに文章にするって(しかも面白く!!)、なかなかできることではないと思います。福岡さんの著書は、光文社新書から「できそこないの男たち」、そして最新刊「動的平衡」(木楽舎)もでているので、こちらもぜひ読んでみたいと思います。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌
Eric Legnini Trio
2009年04月12日 (日) | 編集 |
最近、見つけた元気になれるJazzのCDを2枚ご紹介。


ライヴ・フォー・ファンライヴ・フォー・ファン
(2009/02/18)
ハイ・ファイヴ

商品詳細を見る

以前にも紹介したイタリア人のクインテットHigh FiveのBlue Note Tokyoでのライブアルバム。
新世代のハードバップなどと銘打たれている通り、もう最高です。トランペットFabrizio Bosso、テナーサックスのDaniele Scannapiecoの2管編成なんですが、この二人がとにかく強力です。ピアノのLuca Mannutzaもあおるあおる。まさに、クインテットに必要な素晴らしいピアニストです。

ライブということもあり、非常に熱い演奏をくりひろげております。Macoy TynerのPassion Danceから始まるんですが、もうピアノのリフだけで身震いがきますよ。
スタンダードも王道路線(Body & Soul)からぐっとくるマイナー路線(Adam's Apple, Inception)など、もちろんオリジナルもかっこいいです。

ただ、惜しむらくは、ドラムがもうちょっと派手でも良かったんじゃないかな・・・と思ってしまうのは、同じ楽器のよしみ(なんてちょっと偉そうかしら)でしょうか。

トリッピントリッピン
(2008/04/23)
エリック・レニーニ・トリオ

商品詳細を見る


そして、今回の本命はこれ。
わたくし、ピアノトリオが大好きなんですが、最近はあまりお気に入りのミュージシャンを見つけられず、管ものに「浮気」していたんですが、改心いたしました!!

ベルギー出身のEric Legniniは、奇しくも私と同じ歳。
やっぱり大好きなKeith Jarrettのスタンダーズに影響を受けたと言うのも、何かの縁かしら(勘違いも甚だしい?)。

まず、オリジナル曲が素晴らしい。
一曲目(日本盤は、Rock The Days)から、しびれます。
4ビート、ラテン、8ビートなんでもござれ。そのうえ、サポートしているトリオのメンバーがまた秀逸。ドラムのMathias Allamaneも、素晴らしいです。やっぱり、いいバンドはドラムもいい!!

そして、ソロでのピアノも素晴らしいです。一つ一つの音がはっきりでているのに、柔らかい、この人のタッチはすごく好きです。

Eric Legnini。
しばらく、追っかけます!

ついてる、ついてる。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
抜擢される人の人脈力~岡島悦子著
2009年04月09日 (木) | 編集 |
抜擢される人の人脈力  早回しで成長する人のセオリー抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー
(2008/12/12)
岡島悦子

商品詳細を見る


抜擢される人の人脈力

自身、ヘッドハンターとして「経営のプロを創出する人」を「タグ」にしている岡島悦子氏の著書。

世の成功者たちは、概して皆、ここぞという時に大抜擢されて大きな仕事を成し遂げている。傍からみると、「運がいいよなぁ」と思われることでも、実は法則がある。
それこそが、岡島氏の言う「人脈力」。

「人脈スパイラル・モデル」という独自のフレームワークを用いて「人脈のレイヤー(層と訳すんでしょうか・・・)」を、より上位にあげる。そして最終的には、本当にやりたい仕事ができる「自由」を獲得することができる。

その人脈スパイラルモデルとは、5つの主体的な行動からなるのですが
1. 自分にタグをつける
2. コンテンツをつくる
3. 仲間を広げる
4. 自分情報を流通させる
5. チャンスを積極的に取りに行く
これを、繰り返すことにより、より上位のレイヤーへ到達するというのです。


三菱商事・ハーバードビジネススクール・マッキンゼーという著者の経歴もさることながら、その「人のつながり」に対する発想に度肝を抜かれました。

今までの私は、どうしても、この本に書かれているような戦略的な自己アピールを、あさましく思ってしまっていました。ただ、それは、あくまでもチャンスをしっかり掴むための手段のひとつなんです。最終的には、そのチャンスを活かして、自分をレベルアップさせて本当にやりたい仕事ができる状況にするのが目的なわけです。健全な打算ともいえるんじゃないでしょうか。

ただ、そこにいたるには、自己研鑽とある種のあつかましさが必要になるのも事実。


「人のつながり」について、非常にためになる本でした。
明日から、実践だぁ~。

ついてる、ついてる。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:今日の一冊
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。