35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

中国人の発想力
2010年03月30日 (火) | 編集 |
今日は、ようやく晴れ間がのぞきました
でも、先週末の東京での桜開花宣言後のこの寒さには、ほとほと参っております

4月も間近でこうも寒さが厳しいと、毎日憂鬱になってしまいますね・・・。
とはいえ、世は決算期。我が花業界も母の日商戦まっただなか。のほほんとはしておれません。

さて、先日、妙に気になって購入した宋文洲さんの著作。

田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる!中国人の金儲け、日本人の金儲け ここが大違い! (田原総一朗責任編集2時間でいまがわかる!)田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる!中国人の金儲け、日本人の金儲け ここが大違い! (田原総一朗責任編集2時間でいまがわかる!)
(2010/02/26)
宋 文洲

商品詳細を見る


もう一冊「社員は育てなくていい!」(イーストプレス社)でもそうなんですが、華僑ならではの商売や経営についての意見が歯に衣着せぬ物言いで、なんとも気持ちがよい。

日本人の内向きな発想方法や、情の文化を尊重しつつも、やっぱりおかしいよと。特に「大」きいものに縛られすぎていると提言しています。会社や組織が、「大」にこだわりだしたら危険信号だと。結局、合理性を失い、官僚的になり、無理をすると。

ただ、宋さんの考え方に共感できたのは、その発想の根本にあるのが「真善美」であること。
何が正しく、何が間違っているか。普遍的な正義感だと説明されていますが、こういうことをビジネスの世界で堂々と発信する考え方が素晴らしいと思いました。

また、中国の方特有の発想力なのかはわかりませんが、非常にものごとの見方が斬新です。切り口が非常に面白いんです。私の同僚にも、中国人がいますが、やっぱりその発想力にたびたび驚かされます。

ある案件について議論していた時に、いろいろな要素から「5+5=10」という結論が出たとする。さて、じゃあその基準になる「5」はどうやって準備しようかという時に、300÷30でも10になるよって言うんです。
いま必要なのは「5」であって、「300」とか「30」じゃないんだよと言っても、でも「10」になることが重要なんでしょって。
結果良ければいいじゃないかという発想とはまた違うんです。その誰にも思いつけなかった「300」とか「30」という数字が非常に重要な提案だったりするのです。

ちょっとわかりにくくて申し訳ないのですが、とにかく発想の仕方が自分たちとはまったく違うので、非常に刺激になります


宋さんの考え方は共感できるので、また著作は探して読んでみたいです!

ついてる、ありがとう、感謝します。
スポンサーサイト

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:職場でのできごと
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。