35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

「見えないことは不幸じゃない」
2008年11月07日 (金) | 編集 |
先日のアメリカ大統領選挙でのオバマ候補の勝利。
予想しておりましたが、そのあまりの大差に、身震いしたほどです。
アフリカ系で初の大統領が選出されたということもさることながら、国政に参加してまだ2年という状況で大統領選への立候補を決意!!
しかも、私と10も離れていない47歳という若さ。

なんだか、えもいわれぬ高揚感がふつふつと湧き上がってきます
きっと、彼の国で起こっている若者たちの興奮も、こんな感じなのでしょうか・・・。

「Yes, We Can」ならぬ、「Yes, I Can」で私も変わらなきゃと勇気づけられたニュースでございました。


さて、もうひとつ。先日見た素晴らしい番組のご報告をば。
偶然オープニングを見たら、思わず引き込まれてしまいました。
NHK総合で22時から放映していた3夜シリーズ「秋、つながる心」の第二夜の「見えないことは不幸じゃない~全盲夫婦の夢と子育て~」です。

全盲の福原さん夫妻と、二人の幼い娘さんの日常を追ったドキュメンタリーなのですが、6歳で長女の立春香(はるか)ちゃんも視力がなく、4歳で次女の明葉ちゃんだけがものを見ることができるという、それだけでもすごい状況なのに、夫の良英さんは、はり灸師の仕事を行いつつマラソンを、妻の理絵さんは家事・子育てを行いつつプロのソプラノ歌手として、それぞれ夢を追っている。

彼らにしてみれば、いたって普通に生活し子育てしているのでしょうが、その苦労を想像するだけで、画面から目を離す事ができませんでした。

彼らにとっては、見えないということは、生活をしたり子育てをしたりするうえで不幸になる要因ではないと考えていると思います。そう考えると、その「大変さ」を見て、感動している自分は、なんだか失礼なのではないかと思ってしまったのですが、でも、ただただ、福原さん夫妻の非常に前向きな姿勢に、障害者だからというわけではなく、人間として尊敬の念を覚えました。

特に感動したのは、その子育ての考え方です。
ある日の夕飯時、長女立春香ちゃんがお皿を落として割ってしまいます。
良英さんは、自分で拾うように言いますが、立春香ちゃんは「手が切れるから」と泣きさけんで嫌がります。しかし、良英さんはあえて拾わせるのです。泣き叫ぼうがどうしようが、有無をいわせません。

同じような歳の子を持つ親として、しかも目が見えないのに手探りで割れた皿を探させ、自分で処理させるなんて、はたしてできるだろうか・・・と真剣に考えてしまいました。ですが、良英さんは、大人になった時に、しかも目の見えない娘がひとりで何でもできるようにとあえてしつけをしていたんです(もちろん、そっと触れるようとの指示や、後々の掃除は良英さんが行っていました)。親として、自分はこれほど、子の将来のことを考えてやっているだろうかと、本当に考えさせられました。

最後に、理絵さんが娘さんに将来読んでもらおうと思って書いている手紙の中で、目が見えないというハンデを言い訳にしないで、いろいろなことにチャレンジしてくださいと語りかけていた言葉が非常に印象に残りました・・・。
妻と二人で、ぼろぼろ涙流しながら見ていたんですが、本当に良い番組を見ることができて感謝です。NHKのホームページを見ても、専用のサイトもなかったので、ほんのさわりだけですが、記してみました。長々失礼いたしました。

私も排便にちょっと難がありますが、それを不幸と考えたことなどありません。むしろ、病気になったことで、いろいろな事に気づくことができたと感謝しているくらいです。
そして、私自身も、自分では障害とはおもっていませんが、癌になってトイレが人よりちょっと多いけど、元気にがんばってますよ~とブログで発信しているわけで・・・。
福原さん達とは比べものになりませんが、多くの方にこんな幸せの目指し方もありますよと、なんらかのメッセージを発信できたのではないかという点では、共感できるところがあったように思います。

幸せというのは、与えられた状況の中で一生懸命生きることであると、どなたかがおっしゃっていたと思うのですが、まさにそのとおりだなと非常に勇気づけられた一日でした。


しんどいなぁ、なんて言ってる場合じゃありませんね。
がんばるぞ~!!

ついてる、ついてる。
スポンサーサイト

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

コメント
この記事へのコメント
Treasure Island

The treasure has always been there
It is not hidden
But is only where certain people would look
At all
Thus it remains a secret to the rest
And to solace themselves
They say it's hidden
Or burried
To still their invading thoughts

Some are calm and content
Or at peace, in their words

Some are stirred and cloudy
But they are improving their vision

Of the island
Of themselves

Keith Jarrett

長くてごめんよ。
American Quartetはやっぱいいな。
2008/11/08(Sat) 11:35 | URL  | Lucky Goro #-[ 編集]
>Lucky Goroさん
キースのカルテットは、復活しないのかな・・・。やっぱりあのカルテットは、一度は生で見たいですね。フロントは、ジョシュアになるのか・・・?
2008/11/10(Mon) 14:37 | URL  | bobtaka #-[ 編集]
ジョシュア・レッドマン…

あると思います。
2008/11/11(Tue) 19:08 | URL  | Tenshin Goro #-[ 編集]
詩吟ですかっ!
2008/11/14(Fri) 18:57 | URL  | bobtaka #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。