35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

抜擢される人の人脈力~岡島悦子著
2009年04月09日 (木) | 編集 |
抜擢される人の人脈力  早回しで成長する人のセオリー抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー
(2008/12/12)
岡島悦子

商品詳細を見る


抜擢される人の人脈力

自身、ヘッドハンターとして「経営のプロを創出する人」を「タグ」にしている岡島悦子氏の著書。

世の成功者たちは、概して皆、ここぞという時に大抜擢されて大きな仕事を成し遂げている。傍からみると、「運がいいよなぁ」と思われることでも、実は法則がある。
それこそが、岡島氏の言う「人脈力」。

「人脈スパイラル・モデル」という独自のフレームワークを用いて「人脈のレイヤー(層と訳すんでしょうか・・・)」を、より上位にあげる。そして最終的には、本当にやりたい仕事ができる「自由」を獲得することができる。

その人脈スパイラルモデルとは、5つの主体的な行動からなるのですが
1. 自分にタグをつける
2. コンテンツをつくる
3. 仲間を広げる
4. 自分情報を流通させる
5. チャンスを積極的に取りに行く
これを、繰り返すことにより、より上位のレイヤーへ到達するというのです。


三菱商事・ハーバードビジネススクール・マッキンゼーという著者の経歴もさることながら、その「人のつながり」に対する発想に度肝を抜かれました。

今までの私は、どうしても、この本に書かれているような戦略的な自己アピールを、あさましく思ってしまっていました。ただ、それは、あくまでもチャンスをしっかり掴むための手段のひとつなんです。最終的には、そのチャンスを活かして、自分をレベルアップさせて本当にやりたい仕事ができる状況にするのが目的なわけです。健全な打算ともいえるんじゃないでしょうか。

ただ、そこにいたるには、自己研鑽とある種のあつかましさが必要になるのも事実。


「人のつながり」について、非常にためになる本でした。
明日から、実践だぁ~。

ついてる、ついてる。
スポンサーサイト

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

テーマ:今日の一冊
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。