35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

がん罹患者の住宅ローン考3
2009年06月27日 (土) | 編集 |
しばらくほったらかしにしておりましたこの考察。
新しい進展がありましたので、ご報告。

既に9年近くになる我が家も手狭になってきており、新しい物件を常々探しておりました。
賃貸物件では、なかなか思うような部屋にめぐり合えなかったので、いっそのこと中古マンションを検討してみようかということになりました。

考察だけじゃなくて、実践してみようとっ

住宅ローンの問題はありますが、とにかくまずは専門家に聞いてみることにしました。

とうことで、以前から少しずつ相談にのってもらっている不動産屋さんへ。
もちろん、私が癌罹患者ということを前提で、住宅を購入できる方法を調べていただきました。

懸念していた通り、通常の民間(都銀等)の住宅ローンでは、団体信用生命保険への加入が条件であるため、非常に難しいとのこと。
ですが、団体信用生命保険を利用しないでも借り入れできる2つの方法があると教えてもらいました。

一つ目は、現在加入している生命保険等を審査してもらい、かつ妻(収入がなくても可)を連帯保証人にすることで、団信の代わりにするというタイプ。

その不動産屋さんの担当の方は、みずほ銀行さんと言っていましたが、今までにも癌罹患者へのローン実績があるそうです。まぁ、私の場合は、医療保険を数種類のみなので、死亡保険金は微々たる額。ちょっと難しいかな・・・。

そして二つ目が、ご存知「フラット35」の利用だそうです。
フラット35に関しては、団信の加入条件が強制ではないということは以前から知っていたのですが、それにしても何らかの条件提示はあるだろうと思っていたのですが、事前審査も含めて非常にシンプルだそうです。

もちろん、固定金利に限定されていたり、物件に第一順位の抵当権をつけられたりとそれなりの条件があります。ですが、以前のように購入金額の80%までしか融資されなかった限度額が緩和され、現在では100%まで融資が受けられますし、収入基準も大幅に緩和され、非常にメリットの多いものとなっているそうです。

パンフレットをもらってきたので、ゆっくり読んで、また報告いたします。

いずれにしろ、今まで無理だと思っていた住宅ローンを組んでの物件の購入が、可能ということがわかっただけでも、進歩です!

とりあえず、明日、気になる物件の見学に行ってきます!

ついてる、ついてる。
スポンサーサイト

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。