35歳で直腸がんになっちゃいました。でも、今では癌に感謝しています。だって、いろんなことを教えてもらったから。そんな癌罹患者だって幸せに自分らしく働けるんだい!が合言葉の夢実現日記でございます。(「bobtakaのついてる!ありがとう!感謝します!」改め)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

がん罹患者の住宅ローン考4
2009年07月15日 (水) | 編集 |
先日、申込だけ完了し、しばらくは値段交渉かと思いきや、いきなり不動産屋さんから連絡があり、フラット35の予審が必要とのこと(売り主側より)で、どうやら書類を書かねばならなくなりまして・・・。

先日の話だとフラット35には、事前の審査等はないとのことだったのですが、どうやら最近は事情が変わっているようです。確かに、WEBで「フラット35 予審」でググってみると、最近の貸す側の本音がいろいろと見えてきます。

「どこかで聞いた事のあるような仕組みだなぁ」と思っていたのですが、そうなんです。
フラット35とは、金融機関が貸し出したローン債券を住宅金融支援機構が買い取り、証券化して投資家に販売するという仕組みになっています。
それってつい最近話題になった「サブプライムローン」と同じじゃないの・・・と。

もちろん、比較的審査の通りやすい住宅ローンの証券化という共通点だけなんですが、それでも昨年からの世界の情勢を見ていると、だ、だいじょうぶなんだろうねぇと平静な気持ちではいられません・・・。
横道にそれましたが、サブプライムローンの事は、こちらの本で非常に分かりやすく書いています。興味のある方はご参照を。

グローバル恐慌―金融暴走時代の果てに (岩波新書)


そのせいか分かりませんが、WEB上では、予審が意外に厳しいとの評価を気にしてしまう小心者でございます・・・。

さてさて、持って来てもらったフラット35の申込用紙に急いで記入しまして、とりあえず提出。
不動産屋さんの指示にしたがって、記載したのですが(もちろん細かい条項も出来る限りチェック→大事ですね)連帯債務者といった面倒な記載はいっさいなしでした。
(ちなみに、住民税課税証明書2年分、住民票、運転免許書等の身分証明書のコピーも必要)

ただ、ちょっと不安なのが「団信不加入確認書」の提出。
がん罹患者のため、保険には入れないので、ここは避けては通れない難関。
最近、審査が結構厳しくなっているらしいし、ひっかからないかなぁと、ちょっとびくびくしております。
(銀行側、住宅支援機構側からいろいろとつっこまれるらしい・・・)

とりあえず、やることはやりました。
あとは、先方へ提示している値切りがどこまでしてもらえるか。そして、審査が通るかどうか・・・。

まあ、なるようにしかならないので、ツイテル、ツイテル言って待つ事にします!

ついてるからだいじょぶ、ついてるからだいじょぶ。
スポンサーサイト

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!感謝感謝。ランキングに参加中です。クリックお願いしまーす(*^_^*)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。